カテゴリー別アーカイブ: ウイルス対策

スパイウェアとは?被害に遭わないために…

spyware

インターネット上には、フィッシング、ランサムウェア、ワンクリック詐欺など様々な危険が潜んでいます。その中の一つ「スパイウェア」をご存知でしょうか。

「スパイウェア( Spyware )」とは、コンピュータウイルスのように、私たちが知らないうちにPCに侵入してきて、不正に個人情報などの大切なデータなどを収集したり、それを外部に送信したりするソフトウェアのことを言います。まずはスパイウェアの危険性を理解しましょう。

スパイウェアの危険性

① ユーザーの個人情報を収集する

 ユーザーのPCに侵入し、Web の閲覧履歴などのデータや非常に重要なクレジットカード情報やパスワード、ID などの個人情報が収集されていることがあります。勝手にクレジットカードを使われて、多額の請求がくるということもあります。

 

② 不要なポップアップによる操作性の低下

 突然、ポップアップウィンドウによって広告が表示されます。 悪質なものになると、システムがハングアップするまで何度もポップアップが表示され、消すと、さらに新しいポップアップ広告を次々に表示させたりします。

 

③ セキュリティ設定の変更

 スパイウェアは勝手に様々なシステムを変更することができます。例えば、ブラウザのセキュリティ設定を変更して「信頼済みサイト」に勝手にサイトを追加し、どんなプログラムも警告なしでインストールさせられてしまいます。

 

④ システムが不安定になる

スパイウェアは私たちが知らないバックグランドで常に動作をしているため、自然とシステム全体が重くなってしまうことがあります。

 

私たちが気が付かないうちに感染している !!

スパイウェアの感染経路には大きく分けて、二種類あります。

一つ目は、自分がダウンロードしたソフトウェアやアプリケーションにスパイウェアが組み込まれている場合です。インターネット上にたくさんあるフリーソフトなどをダウンロードする際に、「 使用許諾契約書 」に同意しなければなりませんが、内容をちゃんと読んでいますか?実は、スパイウェアに関する記述はされていて、それに私たちは「同意」していることが多くあります。スパイウェアは、ユーザーの同意を得ているわけですから、個人情報を収集して、外部に送信したりすることは、合法的であると判断されてしまうことが多いのです。

もう一つは、全く自分が知らないうちに自動で、ソフトウェアがインストールされている場合です。サイトを訪れただけで知らぬ間にソフトがダウンロードされてしまうことがあります。

 

『 スパイウェア 』 対策

まずは基本的なところから気を付けましょう。。ソフトウェアやアプリケーションの「 使用許諾契約書 」などはきちんと目を通し、怪しい部分があればインストールは避けましょう。また、インターネット上からソフトウェアなどをダウンロードする際、そのサイトがきちんとしたサイトであるかも確認するように心がけましょう。

しかし、スパイウェアは、知らないうちに感染しているということに関しては、コンピュータウイルスと似ていますが、スパイウェアの方が見つかりにくいという特徴があります。ですから、スパイウェア対策機能のあるセキュリティソフトの導入をお勧めします。「 AVG アンチウイルス 」などのセキュリティ対策ソフトでは、個人情報を安全に保管し、怪しいソフトウェアやリンクの検出もすることができます。

PCがウイルスに感染してまう可能性はどこにでも、いつでもあります。セキュリティ対策ソフトなどをインストールして、安全な環境でインターネットやソフトウェアを楽しみましょう !!

 

 

「 ランサムウェア 」って何? ~ 大切なデータか、お金か ~

ransomwarePC上にいきなり表示されるまるでスリラー映画のような脅迫メッセージ。

「あなたのコンピュータ、ファイルはロックされています。アクセスできません。」

そして、「アクセスするには、●●円の支払いが必要です。」という身代金の要求。

これが、「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアです。ユーザーの大切なデータを「人質」に「身代金」の支払いを要求されます。そしてほとんどの場合で、その支払いは追跡ができない仮想通貨「 Bitcoin 」などで行うことを要求されます。支払には期限が設けられており、それまでに支払わなければ、ファイルを永久に開くことが出来なくなってしまいます。では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

ランサムウェアが起こる仕組み

ランサムウェアの感染経路は実に多く、様々な場面に感染の危険は潜んでいます。ここでは、代表的な二つの感染経路をご紹介します。

 

① フィッシングメール

まず一つ目に「フィッシング」があげられます。フィッシングとは、普通に見えるメールが届き、そのリンクに飛んだり、添付ファイルをダウンロードしてしまうというものです。この際、メールに直接的にお金を要求してくることもありますが、ダウンロードされたソフトウェアからコンピュータにウイルスが感染し、それがファイルをロックしてし、身代金を要求する「ランサムウェア」を引き起こします。

ランサムウェアは感染した瞬間にメッセージが表示されることだけでなく、時間が経ってから、ハッカーがタイミングを見計らって、表示させることもあります。

 

② 悪質なサイト

もう一つの感染経路としては、悪意あるサイトにアクセスして時があげられます。悪意あるサイトとは、「エクスプロイトコード」が仕込まれたサイトなどです。エクスプイトコードとは、本来ソフトウェアの脆弱性などを検証するためにプログラマなどが使うチェックツールです。しかし、少し使い方を変えるだけで、逆にウイルスを感染させることができるサイトを作ることが可能なのです。

このコードを使って、悪質なサイトを作成し、そこにアクセスしただけでPCにウイルスが感染し、ランサムウェアが引き起こされてしまいます。

 

ランサムウェアへの対策

①大切なデータ、ファイルのバックアップ

万が一ランサムウェアに感染してしまったときのために、大切なデータやファイルはばっくあぷを行いましょう。そうすれば、身代金を支払う必要もなくなります。

 

②フィッシングメールへの対策を行う。

【フィッシングメールへの対策】

 

③セキュリティ対策ソフトを利用する

AVG インターネットセキュリティ」、AVG アンチウイルス」などのセキュリティ対策ソフトでは、ランサムウェアを含むマルウェア対策ができます。気を付けていても、知らず知らずのうちに悪質サイトにアクセスしてしまったり、メールのファイルをダウンロードしてしまうことがあります。きちんとセキュリティソフトを入れておくことで、ソフトがウイルスをスキャンしてくれます。

 

また、最近は個人を狙ったものだけでなく、企業を狙ったランサムウェアが増えてきており、企業の大切なデータや、個人情報の流出などの危険が潜んでいます。そのため、「AVG インターネットセキュリティ ビジネスエディション」や「AVG アンチウイルス ビジネスエディション」などの法人向けのセキュリティソフトのニーズも高まってきています。

            

大切なデータを人質に身代金を要求してくる何とも悪質な「ランサムウェア」、きちんと対策を行い、身を守りましょう。

 

Facebookの「シェア詐欺」って何?

facebookblog現在世界中に約15億9000万人のユーザーを持つ、 Facebook 。世界中の友達の近況を知ることや、自分の情報を発信することができ、とっても便利で楽しいSNSの一つです。しかし、今 Facebook には、様々な危険が潜んでいます。その中の一つ、フェイスブックのシェア(共有)機能を使った「シェア詐欺」、知っていますか?知らないと、気づかぬ間にトラブルに巻き込まれてしまいます!

まずは、シェア詐欺の実態を知りましょう。

 

こんな二つの経験ありませんか?

  • Facebook でよく見かける「いい話・感動する話」。読んでみたら、本当にいい話で、感動して思わずタイムライン上で「シェア」や「いいね」をしてしまった
  • タイムライン上で、自分の友達が変なサイトや商品の広告を「共有」や「いいね」していること。「何でこの子これをいいねしてるんだろう?」と不思議に思うこと。

実は関係がないように見える、この二つの行為によって「シェア詐欺」が成り立ってしまいます。感動して共有した記事が、あとから見返すと謎の広告記事に代わっていて、それが詐欺サイトやフィッシングサイトへの入り口になってしまうのです。では、この仕組みを理解しましょう!

 

Facebook ” シェア詐欺 ”の仕組み

 

  1.  詐欺師が企業が広告をだすための Facebook ページを作る。
  2.  そのページに感動する話やいい話を投稿する。
  3.  自分の書いた感動する話を別アカウント、個人アカウントでシェアする。
  4.  記事を読んだ人がどんどんシェアして、多くの「いいね!」がされる。
  5.  その記事を広告や詐欺サイトへの URL に書き換える。
  6.  「シェア」や「いいね」がたくさんされた広告・詐欺記事が完成!

自分の友達が何人も「いいね」や「シェア」している記事なら、危険だと思わず、サイトへ飛んでしまったり、さらに共有をしてしまいますよね。 Facebook の良さである「人と人とのつながり」を利用した、とっても悪質な詐欺です。読んで感動したからシェアした「感動する話」、実はこの詐欺のために作られた全くのウソということもよくあることだそうです。

「シェア詐欺」に合わないために…

このような「シェア詐欺」への対策としては、出所のわからないタイムライン上の「感動する話・いい話」はむやみに「シェア」「いいね」をしないようにすること。自分だけでなく、あなたの友達をもトラブルに巻き込んでしまう恐れがあります。

また、AVG の「AVG アンチウイルス」や「AVG インターネット・セキュリティ」などのウイルス対策ソフトを使えば、あなたが引っ掛かってしまう前に、怪しいリンクのスキャンを行ってくれます。自分ではなかなか気づきにくい、 Facebook 上に潜む詐欺サイトへのリンクも検出してくれます。

これらの対策を行い、安全に Facebook を楽しみましょう。