カテゴリー別アーカイブ: パスワード

ネットバンキングは危険? 不正送金の被害が拡大

現在ほとんどの銀行で利用できるネットバンキング。 自宅や会社のパソコンから簡単に振り込みができる便利なシステムですが、最近ネットバンキングをターゲットにしたウイルスが急増しています。

ネットバンキングで急増する不正送金

警察庁によると、2013年のネットバンキングの不正送金による被害は1315件で、被害総額は14億600万円。2014年は1876件で被害総額は29億1000万円、去年の2015年は1495件の被害で総額は30億円を超える被害が発生していることが報告されました。

また、被害にあったのは大手銀行だけでなく、地方銀行や銀行以外の決済サービスなどにもおよび、最悪なことには日本で検出されるネットバンキングのウイルスは世界の8割を占めていることが判明しています。

 

ネットバンキング不正送金の手口

不正送金の手口は大きくわけて2つあり、1つは「フィッシング」と呼ばれる、メール等で不正なサイトへ誘導し個人情報を盗み取る方法と、もう一つはウイルスによる不正送金の方法です。

 

■フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は、実在する銀行やクレジットカード会社、ネットショッピングサイトを装って偽メールを送信し、本物のサイトのログインページとそっくりの偽のページに誘導します。このニセの画面でログインした場合、そこに入力したアカウントの情報は不正送金に悪用される場合があります。

 

■不正送金ウイルス

現在一番猛威を振るっているネットバンキングのウイルスは「MITB(Man In The Browser)」と呼ばれ、上記のフィッシングとは違い、正規の銀行サイトにログインした後にブラウザを乗っ取り、送金先を裏で改ざんすることで不正送金を行うウイルスで、主に3つの脅威があります。

 

①正規のサイトで乗っ取られるため、画面上では全くウイルスに感染していることが分からない。

②ログイン後に乗っ取られるため、ワンタイムパスワード等の対策ができない

③感染したPCの環境に適応するため、ウイルス対策ソフトに検知されにくい

 

不正送金への対策

①パスワードを使いまわさない

当たり前のことですが、たくさんのパスワードを管理するのが面倒でついつい使いまわしてしまう方が多いと思われます。しかし、その気の緩みが不正送金やその他情報の悪用につながります。パスワードを管理するソフトなどを活用して、なるべく1つのアカウントに1つのパスワードを使うように心がけましょう。

②むやみにメールのリンクを開かない

銀行やカード会社からのメールでも、むやみに添付されたリンクをクリックせず、直接サイトへアクセスするなどして感染を避けましょう。

③ウイルス対策ソフトをインストールする

ウイルス対策ソフトをインストールしないよりははるかに安全です。また、最近「MITB対策ソフト」なども一部金融機関やネットセキュリティの会社から販売・配布されているのでご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

ネット上の安全性を高める、超簡単な5つのコツ

online-security-avg-blog
インターネットが発達した今日のような社会では、サイバー攻撃の危険性も高まり、その犠牲者になる可能性も大いに高まっています。今や、すべての人がネットの ” 安全性 ” を以前に増して気にかけ、何らかの対策をする必要があるのです。

そこで今回は、初心者でも誰もがすぐにできる、簡単なインターネットの安全対策をご紹介します。

1. 二段階認証を活用する

二段階認証とは、従来使用しているパスワードのほかに、一度きり有効のコード認証を行ってログインするものです。たいていの場合、一度きり有効のコードは、その度に携帯電話のメールやメッセージに送られてきます。従来のパスワードを入力した後に、メール等で送られてきたコードを入力してログインする、といったシステムです。

設定次第で、毎回のログイン時に二段階認証を行うように設定したり、何回かに一度にしたり、または新しいデバイスでログインするときにのみ行うように設定できます。

すでに多くの主要なウェブサイトは二段階認証を導入しています。Google 社を筆頭に、Apple の iCloudDropboxMicrosoft、さらには Twitter や Facebook も、二段階認証などの認証システムを導入しています。

二段階認証はとてもシンプルですが、ほんの少しの手間をかけるだけで従来の安全性を倍に高めることができます。

2. ブラウザやデバイスを更新する

ブラウザや OS、デバイスは定期的に更新する必要があります。アップデートは手間がかかりますが、プログラムの更新には発見されたばかりの安全性の問題(脆弱性 / セキュリティの弱点)に対応できるようにするという目的もあるため、とても重要な作業なのです。

サイバー攻撃の標的となりうるセキュリティの穴を、開発者たちは常に警戒し、発見し、その対策としてアップデートを促します。なので、アップデートのお知らせがきたら迷わず実行しましょう

更新のために 15 分をかけるか、それともハッカーにコンピュータをコントロールされるか、ひとつのアップデートが大きな違いを生むのです。

3. 見破られにくいパスワードと、パスワードマネージャーを使う

安全性の高いパスワードを作成するのは意外と難しいものです。2014 年、最も見破られたパスワードは、” 123456 ” や ” password ” だったそうです。そこまで単純なパスワードを設定している方は少ないにしても、パスワードに誕生日を入れてしまっている方は多いのではないでしょうか。

ハッカーにとってそれらはとても見破りやすいパスワードとなります。それぞれのサイト、それぞれのサービスに、ペットや家族、あなた自身に全く関係のないユニークなパスワードを設定する必要があるのです。”でも、どうやって大量のパスワードを覚えたらいいの?”という方もいらっしゃるでしょう。答えは簡単、覚えなくて良いのです。

Sticky Password など、良質なパスワード管理ソフトを利用すればパスワードの管理はとても簡単にできます。強力なパスワードを作成し、ログイン時に必要な情報を保存しておけるもので、なかには自分で設定したパスワードが重複していたり安全性の低かったりする場合に、それを教えてくれる安全性チェック機能を備えたものもあります。

4. Google のセキュリティ診断を行う

Google アカウントをお持ちの方は、ぜひセキュリティ診断を行ってみてください。
この機能を使えば、接続されている端末を確認することができ、普段使わないようなデバイスでアカウントにサインインされていないかどうかをチェックすることができます。

セキュリティ診断ではアカウント権限の確認を行うこともでき、さらには電話番号を追加するなどしてアカウント復旧情報を登録することができます。

5. できるだけ ” HTTPS ” を使う

HTTPS ” はハイパーテキスト転送プロトコル( ” HTTP ” )のより安全なバージョンで、ウェブサイトの URL アドレスの ” www ” の前にくる文字です。最後に ” S ” がつくことには大きな違いがあり、” HTTPS ” は、あなたとサーバー間に行き来する情報が双方向に暗号化されていることを表しているのです。

大体のウェブサイトは HTTPS を採用していますが、それで安心せずに、自分がどのようなサイトを利用しているのか、ウェブサイトのアドレスを気をつけて把握するようにしましょう。

Windows10を使う際に注意しておきたい4つのプライバシー設定!

windows_10-618x336

より早く、より強く、そしてより自由になったWindows10がついに上陸!すでに使われている方も多いかと思います。

とても便利になるようですが、初期設定のままではプライバシーに関わる大きな代償を伴うかもしれません!旧バージョンからアップグレードする場合でも新しいデバイスを買う場合でも、Windows10にする際には、Windows10の特性によるプライバシーの問題に気を配る必要があるのです。

そこで今回は、あなたの個人情報をしっかりと管理するために、4つのヒントをご紹介します!ダウンロードした際には、ぜひ役立ててみてください!

 

1. 個人向け広告をオフにする

ユーザーにより効果的な広告を提示するため、Windows10は個人の行動を追跡し、その傾向を把握します。

その機能をオフにするには、こちらへ進み、「このブラウザにパーソナライズされた広告を表示」「Microsoftアカウントを使用する場合はどこでもパーソナライズされた広告を表示」、をオフにします。こうすることで、Windows10が個人の行動をトラッキングすることを防ぐことができます。

 

広告設定

 

2. 広告識別子をリセットにする

Windowsのアプリケーションを通して第三者が広告したり、あなたのデータを集めたりすることを防ぐためには、広告識別子をリセットすることができます。

「スタートメニュー」「設定」「プライバシー」「全般」へ進み、一番上のものをオフにしてください。

 

3. Wi-Fiセンサーをオフにする

Windows10 の Wi-Fi センサーとは、オープン Wi-Fi を拾ったり、他の Windows ユーザーとネットワークを共有することにより、自動的にオンラインにしてくれる機能です。面倒なネットワーク接続を省き、すばやくオンラインにつながる場所が多くなるというメリットがあります。また、パスワードで保護された Wi-Fi ネットワークを、Outlook.com の連絡先、Skype の連絡先、または Facebook の友だちに共有し、インターネット アクセスを共有することができます。

とても便利な機能ではありますが、ネットワークの安全性に注意する必要があります。オープンネットワークはだれでも接続することができるため、送信した情報はネットワークを介して他のユーザーに読み取られる可能性があるのです。そのためこの機能には、下のような問題を引き起こすことがあります。

・あまりよく知らない人があなたの Wi-Fi ネットワークに接続する。

・他人があなたのネットワークを利用している際に問題があった場合、すべての責任を取らなくてはならない。

・インターネットが急に遅くなったり、データ使用量が増えたりする。

・オープン Wi-Fi は安全性に問題のある場合もあり、悪用目的の場合もある。(ハッカーなどが通信を傍受し、パケットを使われたり、違反行為の中間者として利用されてしまうこともあります。知らず知らずにそのようなWi-Fiに接続され、危険にさらされてしまうのです。)

( Wi-Fi センサーに関するQ&A / Microsoft HPより )

オープンWi-Fiをオフにするには「スタートメニュー」→「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」→「Wi-Fi設定を管理する」から設定できます。

オープンWi-Fi利用時には個人情報の要るネットショッピングなどを利用しないなど、注意をすれば効果的に使えることもあるので、上手く設定して使いたい機能を使いこなしましょう!

 

4. 位置情報サービスをオフにする

Windows やアプリの中には、GPSを使った地図情報などの便利な機能を提供するため、デバイスを通してあなたの位置を特定するものが多くあります。便利ではありますが、投稿アプリで知らず知らずのうちに自分の位置情報まで投稿してしまうこともあります。そうすると行動範囲や住所が特定されてしまうかもしれません。

位置情報サービスの設定は、「スタートメニュー」→「設定」→「プライバシー」→「位置情報」より設定を変えることもできます。位置情報を使う機能すべてをオフにすることも、アプリごとに設定することもできます。使いたいものを賢く利用しましょう!

 

4つのヒントはいかがでしたか?

ここではほんの少ししかご紹介できませんでしたが、皆さんにWindows10を利用する際のプライバシーのための設定についてご理解いただけたかと思います。

ぜひ、AVGなどのウィルス対策ソフトでウィルス感染を阻止すると同時に、プライバシーの問題にも気を配って対策してくださいね!最新の優れた機能を、賢く使いこなしましょう!

 

August 26 , 2015

 

引用元:Four Quick Windows10 Privacy Fixes