スパイウェアとは?被害に遭わないために…

spyware

インターネット上には、フィッシング、ランサムウェア、ワンクリック詐欺など様々な危険が潜んでいます。その中の一つ「スパイウェア」をご存知でしょうか。

「スパイウェア( Spyware )」とは、コンピュータウイルスのように、私たちが知らないうちにPCに侵入してきて、不正に個人情報などの大切なデータなどを収集したり、それを外部に送信したりするソフトウェアのことを言います。まずはスパイウェアの危険性を理解しましょう。

スパイウェアの危険性

① ユーザーの個人情報を収集する

 ユーザーのPCに侵入し、Web の閲覧履歴などのデータや非常に重要なクレジットカード情報やパスワード、ID などの個人情報が収集されていることがあります。勝手にクレジットカードを使われて、多額の請求がくるということもあります。

 

② 不要なポップアップによる操作性の低下

 突然、ポップアップウィンドウによって広告が表示されます。 悪質なものになると、システムがハングアップするまで何度もポップアップが表示され、消すと、さらに新しいポップアップ広告を次々に表示させたりします。

 

③ セキュリティ設定の変更

 スパイウェアは勝手に様々なシステムを変更することができます。例えば、ブラウザのセキュリティ設定を変更して「信頼済みサイト」に勝手にサイトを追加し、どんなプログラムも警告なしでインストールさせられてしまいます。

 

④ システムが不安定になる

スパイウェアは私たちが知らないバックグランドで常に動作をしているため、自然とシステム全体が重くなってしまうことがあります。

 

私たちが気が付かないうちに感染している !!

スパイウェアの感染経路には大きく分けて、二種類あります。

一つ目は、自分がダウンロードしたソフトウェアやアプリケーションにスパイウェアが組み込まれている場合です。インターネット上にたくさんあるフリーソフトなどをダウンロードする際に、「 使用許諾契約書 」に同意しなければなりませんが、内容をちゃんと読んでいますか?実は、スパイウェアに関する記述はされていて、それに私たちは「同意」していることが多くあります。スパイウェアは、ユーザーの同意を得ているわけですから、個人情報を収集して、外部に送信したりすることは、合法的であると判断されてしまうことが多いのです。

もう一つは、全く自分が知らないうちに自動で、ソフトウェアがインストールされている場合です。サイトを訪れただけで知らぬ間にソフトがダウンロードされてしまうことがあります。

 

『 スパイウェア 』 対策

まずは基本的なところから気を付けましょう。。ソフトウェアやアプリケーションの「 使用許諾契約書 」などはきちんと目を通し、怪しい部分があればインストールは避けましょう。また、インターネット上からソフトウェアなどをダウンロードする際、そのサイトがきちんとしたサイトであるかも確認するように心がけましょう。

しかし、スパイウェアは、知らないうちに感染しているということに関しては、コンピュータウイルスと似ていますが、スパイウェアの方が見つかりにくいという特徴があります。ですから、スパイウェア対策機能のあるセキュリティソフトの導入をお勧めします。「 AVG アンチウイルス 」などのセキュリティ対策ソフトでは、個人情報を安全に保管し、怪しいソフトウェアやリンクの検出もすることができます。

PCがウイルスに感染してまう可能性はどこにでも、いつでもあります。セキュリティ対策ソフトなどをインストールして、安全な環境でインターネットやソフトウェアを楽しみましょう !!