フィッシングから身を守る方法

Pocket

phishingフィッシングとは、金融機関などを装った電子メールを使い、偽装サイトなどでIDやパスワード。クレジットカード情報を入力させ、ユーザーの個人情報、データを不正に入手するという詐欺の一種です。フィッシング( phishing )と聞くと、「釣り( fishing )」を思い浮かべますが、まさにその通り、私たちは知らずに簡単に悪質な詐欺に釣られてしまいます。しかし、フィッシングの方法や見分け方を知っていると、その釣り針に引っかかることも少なくなります。

 

フィッシングメールの傾向には以下のようなものがあげられます。

  • 「緊急」や「お急ぎください」など催促し、不安感を煽る内容のメール
  • 好奇心をくすぐる、あなたにとって「おいしい」内容のメール
  • 友達や知り合いからのメッセージのような内容のメール

最近のフィッシングは進化し、偽装メールであることが見分けにくくなっています。本当に自分の知り合いだと思うような文面のメールだったから返信したら、詐欺メールだった!などという被害が続出しているようです。そこで、フィッシングに引っかからないための方法を身につけましょう。

1. メールに添付されているリンク・ URL をきちんと確認する。

金融機関などを装ったメールでリンクなどがある場合、URL の中のスペルがおかしくないかチェックする。企業や団体からの公式のメールの場合には、スペルミスなどは絶対にないので、スペルにおかしなところがあった場合フィッシングと疑う必要があります。

2. 文章がおかしい、文字化けがある。

公式の企業や組織からのメールではないような、文面または文字化けが多い場合、フィッシングであることを疑いましょう。

3. メールに関する内容を自分でブラウザを開き検索し、本当のことか確認する

私たちの不安感を煽るような内容であれば、本当にそんなことが起こっているのかブラウザで、企業や組織の公式ホームページで確認しましょう。本当に何か企業で問題が起こっていれば必ずメールだけでなく、ホームページへの記載もあるはずです。

 4. メールの送り主に別のサービスから連絡してみる

友達からのメールのような気がするけど、分からない!という時は、そのメールに直接返信するのではなく、電話帳の中のメールアドレスに返信を書くか、LINEやFacebookなどの別のサービスを利用し、本人からの連絡か確認しましょう。

 

5. セキュリティソフトをインストールし、メールのチェックを行う

AVG の「AVG アンチウイルス」「AVG インターネットセキュリティ」などのセキュリティ対策ソフトでは、あなたが受け取るメールが安全か確認し、危険な添付ファイル、また詐欺メールなどを検出してくれます。詐欺メールは、どんどん進化し、私たちをだますテクニックが向上していきます。しかし、 AVG などのセキュリティ製品の保護システムも同様に向上されています。

 

これらの方法でフィッシングから身を守ることができます。個人情報やクレジットカード情報など私たちの重要な情報が盗まれ、危険にさらされるフィッシング。危険な「釣り針」に引っかかる前に対策をしましょう。